「ぶながやの里」を宣言する沖縄県大宜味村には、森にすむといわれる妖精「ぶながや」の目撃者が大勢いる。謝名城の前田国夫さん(72)もその一人。中学2年生だった1957年の初夏を振り返る。

「すぐそこのサンハーで、ぶながやとにらめっこした」と説明する前田さん=大宜味村謝名城・根路銘グスク

 その日はなぜか早朝4時ごろに目が覚めた。集落内の掃除が住民の日課だった。「せっかくなので根路銘グスクのふもとを掃除しようと、下泉(方言名サンハー)に差し掛かった時、ヤブニッケイの木の横で大型犬のような物体が四つんばいになっていた」

 足が太く、ライオンに似たたてがみがあった。約20メートルの距離でにらみ合ううちに、赤い全身の右の顔だけが白くなっていったという。

 時代は下って15年前にも喜如嘉で目撃証言がある。前田さんは「山の畑から降りてくる時、体が白髪交じりになった生き物に合った人がいる。夕方で、車のライトを消してもその生き物は光って横切ったという」と説明した。

 ぶながや同士の相撲、ぶながやが一晩で建てた家など、エピソードは尽きない。子どもの姿で描かれることも多いが、「子どもに会うと遊ぶために子どもの背丈に合わせる」のだという。

 「いるとかいないとかではなく、私も含め見た人がいる。不思議な話ではないです」。前田さんは明言した。

 村のホームページではぶながやについて「第二次世界大戦以前は、沖縄のほとんどの村々で暮らしていた『ぶながや』たちは、激しい戦禍と基地被害、戦後復興の近代化に耐えきれず、かつてのふるさとを離れ、20世紀最後の安住の地を求め、豊かな自然と人々の肝清らさにひかれ、大宜味村に命を永らえるようになったという、希少種族である」と記している。(玉城学通信員)