【宜野湾】国際協力機構(JICA)で研修するタンザニアなどアフリカ8カ国からの8人が21日、市立普天間中学校(又吉直正校長)を訪れ、学校運営や教育目標、指導法、部活などの様子を聞き、音楽教室、コンピューター教室などで熱心に授業などを見学した。訪れた研修生は各国の中央省庁などに勤める教育行政官たち。