沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームは、重金属製のボールを砂床に投下する実験で隕石(いんせき)の衝突現象を再現し、クレーター周辺にできた放射線状の「光条」の数を明らかにすることで衝突した隕石の直径を計算できることが分かったと発表した。