カット野菜のグリーンフィールド(那覇市、大城正雄社長)は、沖縄県産野菜を主原料とした野菜スープ「菜・色・健・美 BEAUTY SOUP(ビューティースープ)」を新発売した。野菜ソムリエらと共同開発し、添加物や保存料を一切使わず、野菜本来の味と栄養を生かした。カボチャ、トマト、ニンジンの3種類のスープが2本ずつ入った冷凍ギフトセットは、3240円。

規格外野菜を使用し、添加物や保存料、着色料などを一切使わずに作った野菜スープ「菜・色・健・美 BEAUTY SOUP」

 スープに使用するのは、農家から仕入れた規格外野菜。大きすぎたり曲がってしまったりして、出荷できない野菜を適正価格で取引することで、県内農家を支援する狙いもある。

 27日、那覇市のタイムスビルでお披露目と試食会を開いた同社の大城洋専務は「手軽に野菜不足が解消でき、料理にもアレンジできる」とPRした。

 購入はウェブサイト(http://114.co.jp/beauty-soup/)から。問い合わせは同社、電話098(866)9009。