東アジア情勢と沖縄経済の自立を考える「沖縄から問いかける平和・経済連続講座」の第2回シンポジウム(共催・寺島文庫、勁草塾)が28日、那覇市内であった。日本総研会長の寺島実郎氏が「アジアダイナミズムと沖縄」と題して講演。寺島氏はアジアの経済成長が続き、貿易もより活発になると予想。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。