沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の実現を目指す「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)は28日、県庁で記者会見し、これまでに集めた署名数を報告した。同日正午までに収集した署名は8502筆で、条例制定を求めるために最低限必要な2万4千筆の約3割にとどまっている。