【東京】在沖米海兵隊の移転先である米領グアムのカルボ知事は28日、国会内で超党派の国会議員団と意見交換し、2020年代前半の移転開始について「奇跡を信じればあるが、私自身は、とても間に合わないと思う」と述べた。米軍当局者に続き、受け入れ先の知事も計画通りの移転を困難視したことになる。