県によると、県内で2017年に新たに就農した人は285人で、前年に比べ7・5%(23人)減少した。12年の390人から減少傾向が続いており、17年は12年から27%(105人)の減少となった。県農林水産部の島尻勝広部長が、26日の県議会で瀬長美佐雄氏(共産)の質問に答えた。