大同火災海上保険は28日、定時株主総会と取締役会を開いた。新社長に常務の与儀達樹氏(53)が昇格するなど、役員人事案を承認した。期末配当を1株当たり50円、総額5707万5千円とする剰余金処分も決定した。 総会の最後に、与儀社長は「期待に応えられるよう頑張っていきたい」とあいさつした。