今春の教科書検定で合格した帝国書院の「新現代社会」で、沖縄の米軍基地問題に関連し「(沖縄)県内の経済が基地に依存している度合いはきわめて高い」などと記述した問題で、同社が12日までに文部科学省に訂正申請して承認されていたことが分かった。