【宮古島】国内の優れた加工食品や農水産物を審査する「にっぽんの宝物・JAPANグランプリ2016」(主催・同実行委)が3日に大阪市で開かれ、宮古島市伊良部でカニを養殖する「蟹蔵(かにぞう)」代表の吉浜崇浩さん(38)が出品した「マングローブ蟹」が準グランプリに選ばれた。