米軍キャンプ・シュワブの実弾演習場「レンジ10」に隣接する名護市数久田の農作業小屋で「銃弾」のような物が見つかった問題で、県警は28日、鑑定の結果、発射された銃弾と判明したと発表した。県警科学捜査研究所が現場で回収した銃弾を調べた。