29日午前9時ごろ、フィリピンの東で熱帯低気圧が台風7号になり同日午後9時現在、沖縄の南をゆっくりとした速度で西北西へ進んだ。台風は発達しながら北上し、7月1日には風速25メートル以上の暴風域を伴い沖縄本島地方にかなり接近する。最接近は1日朝から昼前になる見込み。沖縄地方では30日から風が強くなり、本島地方は台風の進路や発達状況によっては警報級の高潮や大雨となる恐れがある。沖縄気象台は猛烈な風雨に警戒し、早めに台風対策を取るよう呼び掛けている。

台風7号の予想接近時間

30日午前3時現在の台風7号の進路予想図(気象庁HPから)

台風7号の予想接近時間 30日午前3時現在の台風7号の進路予想図(気象庁HPから)

 中心気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から北東側460キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。30日までの予想最大風速(最大瞬間風速)は本島地方が18メートル(30メートル)、大東島地方が15メートル(25メートル)、先島諸島が15メートル(25メートル)。

 29日午後6時から24時間の雨量は多いところで80ミリ、30日午後6時からの24時間では200ミリに達する恐れがある。沿岸の海域はうねりを伴い次第にしけ、本島地方の波の高さは30日が5メートル、7月1日は8メートルになる見込み。大東島地方と宮古島地方では4~5メートルを予想している。

 台風の影響で7月1日を中心に県内各地のイベントの延期や中止が決定。船の便では、クイーンコーラルプラスを運航するマリックスラインが30日の鹿児島―奄美諸島―那覇(下り便)と7月1日の那覇―奄美諸島―鹿児島(上り便)の欠航を決めた。