気象庁によると、台風7号は暴風域を伴いながら7月1日には沖縄地方にかなり接近する見込み。暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾らん、高潮に警戒が必要。台風7号は30日午前6時現在、沖縄の南をゆっくりとした速さで北西に進んでいる。中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。1日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方30メートル(40メートル)で奄美地方20メートル(30メートル)。7月1日までに予想される波の高さは沖縄地方7メートル、奄美地方6メートル。

30日午前6時現在の台風7号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風は、今後やや速度を早めて発達しながら北上し、1日には暴風域を伴って沖縄地方にかなり接近して、その後東シナ海を北上する見込み。また、日本海に停滞する梅雨前線に向かって、台風の東側から暖かく湿った空気が流れ込み、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定になっている。
 30日の沖縄地方は海上を中心に強い風が吹き、海はうねりを伴いしける。1日は海上を中心に猛烈な風が吹き、沖縄・奄美の海は大しけとなる見込み。

 西日本では、九州地方や四国地方を中心に断続的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、地盤の緩んでいる所や増水している河川がある。

 沖縄地方は30日昼過ぎから1日にかけて台風周辺の発達した雨雲がかかり、雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となりそう。また、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定となっており、1日にかけて雷を伴った激しい雨が降り、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り大雨となる見込み。

 1日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で四国地方・九州南部200ミリ、中国地方・九州北部100ミリ、沖縄地方80ミリ。沖縄地方は台風接近に伴ってさらに雨量が増えるおそれがある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾らんに警戒。

 また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全の確保を。

 沖縄地方は1日は潮位が高くなる見込み。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒を。