台風7号は30日午前9時現在、沖縄の南約700キロにあり、ゆっくりと北西へ進んでいる。台風は今後沖縄の南海上を発達しながら北上し、7月1日の昼すぎから夜にかけて沖縄本島地方にかなり接近する見込み。沖縄気象台は土砂災害や浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。

台風7号の進路予想図(気象庁HPより)

台風接近を受け、空港には早めの便を求める人が訪れ混雑した=30日午前11時20分、那覇空港

台風7号の進路予想図(気象庁HPより) 台風接近を受け、空港には早めの便を求める人が訪れ混雑した=30日午前11時20分、那覇空港

 大東島地方や先島諸島でも、強風や高波に十分な注意を呼び掛けている。

 中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の東側390キロ以内と西側280キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 30日正午現在、日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)、全日空(ANA)、スカイマーク(SKY)で欠航は出ていない。

 台風7号の接近に伴い、県内各地で7月1日に予定されていたイベントの中止や延期が相次いだ。30日午前に中止・延期が決まったイベントは次の通り。

 【中止】沖縄愛楽園交流会館で開催予定だった企画展「沖縄の傷痕」に合わせたギャラリートーク(鈴木幹雄×伊志嶺達雄)▼ロワジールホテル那覇で開催予定の「タイムス女性倶楽部(紺野美沙子)講演会」

 【延期】タイムスギャラリーで開催予定の「第72回全日本アマチュア将棋名人戦県予選」は、8月5日に沖縄市中央公民館で開催予定

 <そのほかのイベント中止・延期情報>