台風7号は暴風域を伴いながら、1日夜から2日未明にかけて沖縄地方にかなり接近する見込みで、気象庁は暴風や高波へ警戒を呼び掛けている。

1日午前3時現在の台風7号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風7号は1日午前3時現在、沖縄の南にあって、時速20キロで北北西に進んでいる。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。

 2日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄地方30メートル(40メートル)、奄美・九州北部地方22メートル(35メートル)、九州南部20メートル(30メートル)。予想される波の高さは沖縄地方8メートル、九州北部地方7メートル、九州南部・奄美地方6メートル。

 沖縄地方では1日夕方から2日朝にかけて台風周辺の発達した雨雲がかかり、1時間に70ミリの雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。西日本でも2日にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある。

 2日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で沖縄・四国地方200ミリ、九州南部120ミリ、奄美・九州北部地方80ミリ。その後、3日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で四国地方が200から300ミリ、沖縄・奄美・九州南部・九州北部地方が100から200ミリの見込み。

 沖縄地方では、台風が接近する1日は潮位が高くなる所がある見込み。海岸や河口付近の低地では高潮による浸水や冠水に注意。