夕日が水平線に沈む瞬間に太陽の光が緑色に見える珍しい自然現象「グリーンフラッシュ」が6月27日、石垣市で確認された。市内を拠点に活動する写真家の北島清隆さん(51)=東京出身=が撮影に成功。「こんなにはっきり撮れたのは久しぶり」と喜んだ。

夕日が水平線に沈む瞬間に確認されたグリーンフラッシュ=6月27日午後7時35分、石垣市新川の丘から(北島清隆さん撮影)

 グリーンフラッシュは太陽が完全に沈む直前や昇った直後の光の屈折で緑色の光が輝くまれな現象。北島さんによると雲に隠れる時間帯もあったが、日没時には雲と水平線に隙間が生まれた。

 撮影は午後7時35分。市新川の小高い丘から「完璧な緑」になる瞬間を捉えた。「雲が覆うと途中でやめることもあるが、今回は我慢した。いつか日の出のグリーンフラッシュも撮りたい」と話した。