うるま市消防本部によると2日午前7時ごろ、沖縄県うるま市栄野比の福祉施設で、女性スタッフ(70)が台風7号の突風で扉に左手の親指を挟み、先端を切断した。現在は中部の病院で治療中という。

折れた街路樹=2日午前9時50分、那覇市内

台風7号の影響で高波が打ち寄せる南城市の海岸=30日午後2時15分、南城市玉城(金城健太撮影)

折れた街路樹=2日午前9時50分、那覇市内 台風7号の影響で高波が打ち寄せる南城市の海岸=30日午後2時15分、南城市玉城(金城健太撮影)

 沖縄県内ではほかにも風にあおられるなどし2人が軽症。消防によると、1日午後8時10分ごろ、那覇市で80代男性が風にあおられ転倒し、胸の打撲を負った。西原町では同日午後9時ごろ、台風対策をしていた60代男性が踏み台から足を踏み外して右足に切り傷を負った。