【東京】衆参両院が2日公開した2017年分の国会議員の所得報告で、沖縄県関係では、下地幹郎衆院議員(維新)が2474万円で最多だった。次いで西銘恒三郎衆院議員(自民)が2185万円だった。

国会(資料写真)

下地幹郎議員

国会(資料写真) 下地幹郎議員

 下地氏は歳費のほかに、顧問を務める法人からの報酬などがあった。西銘氏は副大臣としての給与などが含まれている。

 赤嶺政賢衆院議員(共産)は総額1877万円。不動産収入などがあった。照屋寛徳衆院議員(社民)は1646万円。不動産収入や番組出演料などもあった。一方、事業所得は260万円の赤字だった。

 玉城デニー衆院議員(自由)は1892万円だった。理事を務める法人からの報酬や講演料などがあった。国場幸之助衆院議員は2048万円だった。顧問を務める3法人からの報酬と株の配当金があった。

 糸数慶子参院議員(無所属)は1944万円、伊波洋一参院議員(無所属)は1947万円だった。儀間光男参院議員(維新)は年金を合わせ1944万円だった。