法律が成立したからといって、疑問や不安が消えたわけではない。 安倍政権が今国会の最重要課題と位置付けた働き方改革関連法が、労働者側の強い反対を押し切って成立した。 電通の違法残業事件などをきっかけに長時間労働対策からスタートした議論である。