キリンビバレッジの堀口英樹社長=写真右から2人目=らが29日、沖縄タイムス社を訪れ、ボトルや味をリニューアルした「キリン午後の紅茶」をPRした。 ボトルは消費者のイメージや好みを分析し、コンセプトに合う容器を科学的にデザインする「感性工学」の手法で開発。