問題となった帝国書院「新現代社会」のコラムは、米軍基地に対する反対・容認双方の意見を取り上げていることが特徴だ。とはいえ「強制接収」という成り立ちそのものに重大な問題がある基地について、安易に「両論併記」することには懸念の声もある。