琉球大学理学部物質地球科学科の新城竜一教授(55)らが参加した台湾領海での国際海洋底調査で、同領海では初めてとなる海底資源ガスハイドレートが発見されたと29日、琉大が発表した。台湾では約20年前からその存在が指摘されてきたが、採取されていなかった。