本島南部のある小学校は1月から3月にかけ、学習が苦手な児童に放課後、居残りの補習を課した。2月の県到達度テスト、4月の全国学力テストなどを意識した取り組みで、学習が苦手な子の底上げが狙いだった。