ここは沖縄のどこかにある、不思議な飲み屋街「タイムス横丁」。客たちは、沖縄の昔話、最近の話、明日よりちょっと先の未来まで、いろんな「話くゎっちー」を楽しみにやってきます。

 数年前の「新しいもの」は、いつしか懐かしいものに。そこからさらに時を経て、それは再び「新しいもの」へと変化していきます。今を積み重ねたその先に、過去が新しく、未来が懐かしくなる「時」が訪れます。

 これまでも、これからも、それは沖縄の大切なものがたりなのです。2018年7月1日、沖縄タイムスは創刊70年の節目を迎えました。

 今ある沖縄の姿は30年後、どう変わっているのでしょうか? きっと、もっといい未来へ―。それでは沖縄の「今昔」が交差するタイムス横丁へとご案内しましょう。

>> 電子新聞ビューアーで読む

※スマホ・タブレットの方は「沖縄タイムス電子版アプリ」(無料)をご利用ください。

「タイムス横丁」の1面

>>【沖縄タイムス創刊70周年特集】 沖縄県民と歩いて70年 積み重ねた歴史 その先へ