【名護】棒状で円柱形の葉が特徴で絶滅危惧種のリュウキュウボウラン(ラン科)が市内で小さな花を咲かせている。 常緑の着生植物でおよそ10メートルのクスノキの太い幹の間に着生している。特徴のある葉は肉質の円柱状線形で長さ約10センチ。茎に間違えるほど。