沖縄戦の爪痕が色濃く残る1948年7月1日、沖縄タイムスは小さなガリ版刷りの新聞として産声を上げました。それから70年。県民の立場に立ち、県民目線で取材を重ね、沖縄の歴史を見つめ、人々の暮らしを良くするための情報を発信し続けてきました。 沖縄と新聞は、どう進化していくのか。