【東京】防衛省が、弾薬や燃料などの物資を集積する陸上自衛隊の補給拠点を県内に初めて設置する方向で検討を進めている。離島奪還作戦を担う水陸機動団(長崎県相浦駐屯地)の新設や、宮古島や石垣島に地対艦ミサイル部隊を配備することに伴い、必要性が高まっているという。