黒がいつの間にか白いことになっている。そんな歴史塗り替えの現場を歩いてみた。東京・世田谷の烏山(からすやま)神社。シイの大木4本が境内に影を落とす▼木のことは「九月、東京の路上で」(加藤直樹著、ころから刊)に詳しい。