県議会(喜納昌春議長)は本会議で、普天間飛行場の成り立ちに関する事実誤認や県内2紙への批判と圧力が指摘される作家の百田尚樹氏と自民党若手国会議員の発言に抗議する決議を、賛成多数で可決した。