【那覇】那覇近郊の小中高校生でつくる「那覇青少年舞台プログラム」(玉城祐子会長)は6月23日、市若狭の対馬丸記念館前広場で平和の詩の朗読会を開いた。約30人が詩を朗読し、対馬丸を題材にした劇を披露し、平和の大切さを訴えた。 2012年から毎年、慰霊の日に実施しており、今回で7回目。