最近、女友達の「薬指」にキラリと光るものが気になり始めたお年頃の美樹ママ。今月は立て続けに披露宴へお呼ばれしている。「いつか自分に返ってくる日が来るさ」。独りつぶやき、カウンターに並べた祝儀袋を見つめていると、カランコロンとドアベルが。