当時のスケッチと比較「発見の喜び」旅の鍵に 泊−首里だけでは物足りない、そんな皆さまにお勧めしたいのが第1回の琉球訪問で6日間行われた島内調査をたどるルートである。