沖縄本島地方を暴風域に巻き込んだ台風7号。本島地方の暴風警報が解除されたのは2日午前10時31分で、公立の小中学校では休校にするかどうかを巡って各教育委員会や学校の判断が分かれた。やきもきしながら情報収集に追われた保護者もいた。

暴風警報が解除され、母親に手を引かれ登校を急ぐ女児=2日午後1時ごろ、浦添市

<小中学校>午後から授業 地域内で差

 本島内9市のうち、全ての公立小中学校を休校にしたのは沖縄市、豊見城市、宜野湾市。ほかの市では、安全面を重視して休校を決めた学校がある一方、授業日数などを考慮して午後から授業を再開した学校もあり、対応はさまざま。

 沖縄市教育委員会は2日午前7時すぎ、市内の全ての公立幼稚園・小中学校の休校をファクスとメールで各校に伝えた。この時点では、路線バスが午前8時に再開する見通しだったが、暴風警報はまだ解除されていなかった。市教委は各学校長の判断が難しいことを考慮し、市教育長らが午前6時半から緊急会議を開いて市全体の方針を決めた。

 休校の決定は県教育庁が一律に決めているわけではなく、最終的には各学校長の判断になる。

 名護市では小中計21校のうち、10校が休校になった。同市教委によると、校区が広くスクールバスや自転車登校の児童がいる学校、川沿いの学校などは安全面などを考慮した学校長の判断で休校とした。

 南城市は小中計14校のうち9校が休校。同市教委のマニュアルに基づき、各学校長が判断した。市教委の担当者は「午後からの登校を決めた学校の判断には、授業日数との兼ね合いもある」と話した。

 午後から授業となった浦添市のある小学校では、正午すぎから児童が続々と登校した。送迎した保護者(37)は「午前中はずっとテレビにかじりついて、暴風警報が解除されるのかどうか確認していた」と話し「いつでも登校できるように準備していた。たまたま仕事が休みだったから良かった」とほっとした様子。

 一方、浦添市内の児童センターには、親が仕事でいない児童2人が登校になったことを知らずに来た。児童厚生員が登校の決定を伝え、家まで送った。40代の女性厚生員は「仕事をしている親にとっては、雨の中で登校させるのも心配。1人で留守番させることもできない」と説明。「暴風警報が出そうな時や解除されたばかりの場合は休校と、統一してくれたら親も助かる」と話した。

<保育園>2人の子 異なる登園時間

 公立保育所がある本島内8市では、休園になった公立保育所はなかったが、開園時間が分かれた。沖縄市や那覇市では、午前8時の路線バス運行再開を受けて同9時ごろから、子どもの受け入れを開始。一方、うるま市では暴風警報解除後の午前11時半ごろ開園した。認可保育園は各法人の判断で、対応はまちまち。食材を確保できず、給食がなかった園もあり、保護者からは困惑の声も上がった。

 沖縄市内の公立7保育所は「公共交通の再開から1時間後」のルールにのっとり、受け入れ態勢を整えた。暴風警報発令中のため、メーリングリストで気を付けて登園するよう呼び掛け、通常の給食を用意できない所は軽食にした。

 開園時間をホームページやメールで周知した自治体もあった。一部の市には保育所に電話がつながらないとの問い合わせもあったが、大きな混乱はなかった。

 那覇市の天妃こども園に通う石垣真優ちゃん(5)の母さおりさんは「共働きで台風も関係ない。休園になったらどちらかが休まないといけなかったので園が開いて助かった」と話した。

 3歳と0歳の子を別々の保育園に通わせる会社員男性(38)=南風原町=は、それぞれ登園時間が異なり、弁当も必要だったため、対応に戸惑った。「暴風警報の解除が遅かったのでしょうがないけれど、仕事の調整をしながらで大変だった。統一基準があるといいのでは」と望んだ。