11月投開票の沖縄県知事選に、自民党県連の候補者選考委員会が佐喜真淳宜野湾市長を擁立する方針を固めたという報道を受け、佐喜真氏は3日午前、市役所で記者団の取材に応じ「選考委の決断は大きな決断になる。そういう環境になった時に、周囲と相談して考えたい」と述べた。

知事選に関して、記者団の質問に答える佐喜真淳宜野湾市長=3日午前、宜野湾市役所

 選考委から正式に話はないと前置きしながら、立候補の環境整備について「家族や後援会、支えて下さる方、県連、自民党を含め(選考委の)内容を確認して対応したい」と話した。