国立劇場おきなわによる琉球舞踊鑑賞会「夏模様〜七夕〜」が7日午後2時から浦添市の同劇場である。ベテランから若手まで出演し、夏を題材にした古典、雑踊、創作を独舞や群舞で表現して風情を描く。 七夕にちなんだ、玉城節子による作舞「天河や帯」は約20年ぶりの上演。