日本舞踊の西川流沖縄県支部(西川帆純支部長)が、9年ぶりとなる支部公演を15日午後1時と5時から、浦添市の国立劇場おきなわで開く。37人の踊り手が出演する。 昼公演は、同支部の重鎮らが出演する長唄「花扇」の群舞で幕開け。