【名護】試験管ブラシのような花序が枝先に付くのが特徴のカユプテ(フトモモ科)が、屋我地島の済井出入り口の県道110号沿いで白い花を咲かせ、ドライバーらの目を楽しませている=写真。樹高およそ5メートル、枝幅2メートルに約三分咲き。花は黄色みを帯びた白で近寄ると香りを漂わせている。