旧優生保護法(1948〜96年)下で不妊手術を強制されたのは憲法違反で、その後の救済措置を怠ったとして、当事者らが国に損害賠償を求めている訴訟に関連して、県内弁護士が3日午前9時〜午後1時まで無料の電話相談を受け付ける。 同訴訟は仙台や札幌、東京などの各地裁で提訴されている。