NTT西日本は14日、熊本県を震源とする地震を受け、親族らに安否を知らせるための「災害用伝言ダイヤル(171)」の運用を始めたと発表した。

 「171」に電話し、案内に従って操作すれば、無事を知らせたり、連絡を求めたりする伝言の録音や再生ができる。

 パソコンや携帯電話などを使ってインターネット上で安否確認ができる「災害用伝言板(web171)」の運用も始めた。サイト(https://www.web171.jp/)にアクセスすると、伝言の登録や確認ができる。