政府と県は14日、名護市辺野古の新基地建設をめぐる訴訟で和解したことを受け、初めての作業部会を開いた。和解条項の「埋め立て工事の中止」が示す範囲を議論した。政府は、海上工事のために設置されたフロートなどの撤去で譲歩姿勢をみせるも、基本は「工事を進めず現状維持」にとどめる方針。