政府が14日の作業部会で新基地建設へ向け名護市辺野古の海上に設置しているフロートなどの撤去に、一転して前向きな姿勢を示した。背景には、県の要望を受け入れることで新基地建設へ国民の理解を得たい思惑がある。