「未来支える~みえてきた子どもの貧困」と題し、那覇市のタイムスホールで14日に開かれたシンポジウムには、経済的に苦しい家庭や社会的孤立の中にいる子どもたちを救いたいという思いで、多くの県民が集まった。 「子どもたちの人権をどう守るか」「貧困の連鎖を断ち切るために」。