11月18日投開票の県知事選で、自民党県連の候補者選考委員会(国場幸一委員長)は、5日の会合で佐喜真淳宜野湾市長(53)を擁立する方針を決める。これに先立ち3日、選考委は幹事会を県連で開き、佐喜真氏で一本化することを改めて確認した。