台風7号の被害状況を報告する第1回県災害警戒本部会議(議長・前原正人秘書防災統括監)が3日、県庁で開かれた。県によると、風にあおられ転倒するなどして5人が負傷した。 農林水産業では、沖縄本島や久米島でサトウキビや露地栽培のオクラ、バナナなどの被害が見られると報告された。被害額は集計中という。