沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は4日、台風7号で被災した人向けの「災害特別相談窓口」を設置した。窓口では、被害からの復旧に向けた融資メニューを紹介する。既に沖縄公庫から融資を受けている人には、毎月の返済負担を減らし、期間を延ばすなどの相談に乗る。問い合わせは本店または各支店へ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。