【中部】自動車の道路通行が右側から左側に変わった1978年7月30日の「730」から40年を記念し、うるま市海中道路ロードパークで「730大作戦」と題した旧車イベントが29日に開かれる。1963年製で左ハンドルのセドリックや、スカイラインの通称「ハコスカ」「ケンメリ」など100台が集結。40年前を振り返ろうと、右側走行のパレードも警察と調整している。

「730大作戦」で目玉の一つとなる1963年製のセドリックと(左から)運転席に座る所有者の有銘功さん、滝鉄也さん、玉城政哉さん=沖縄市内

 旧車愛好家でつくる実行委員会が主催。今も大切に乗り続ける左ハンドル車を見ながら「アメリカ世」から「大和世」に移り変わる当時を振り返ることが狙い。飲酒運転の撲滅や交通ルール順守も呼び掛ける。カワサキのZ2やマッハなど旧車バイク100台も県内外から集まる。

 実行委代表の滝鉄也さん(44)=沖縄市=は「先輩たちは全国でも例がない右側通行から左側通行に入れ替わる瞬間を見た。懐かしの40年前にタイムスリップできる」と述べ、来場を呼び掛ける。実行委メンバーの玉城政哉さん(42)=うるま市=も「時代の移り変わりをぼくらの世代で若者に伝えていきたい」と話した。

 イベントは午前10時~午後4時まで。パレードは平安座島からロードパークまでの約2・2キロを想定する。問い合わせは滝さん、電話090(8417)8081。