しまくとぅば普及民間諸団体と沖縄県の意見交換会が4日、県庁であった。民間団体代表は「CMに多額の金をかけずにボランティアを支援して」「県としまくとぅば普及センター、民間団体が役割分担を」と声を上げ、県施策やしまくとぅば普及センターの事業の在り方に疑問を呈した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。