【嘉手納】米空軍嘉手納基地周辺で近年顕著になっている悪臭の発生源が、基地内の空軍大型機駐機場に常駐する大型機「E3早期警戒管制機」の排ガスである可能性が極めて高いことが明らかになった。嘉手納町が委託した北海道大学工学研究院の松井利仁教授(環境衛生学)のグループの調査で判明した。