台風7号に伴う強い風と激しい雨は、県内各地に深いつめ痕を残した。 世界遺産に登録されている今帰仁村の今帰仁城跡。野面(のづら)積みと呼ばれる古い技法で造られた石積みの城壁の一部が、幅約9・7メートル、高さ約6・4メートルにわたって崩落した。